万全の安全対策 IRATA資格取得

IRATAとはイギリスに本部を置く(産業ロープアクセス業者協会)の略称です。 安全作業、無災害を目的として設立され、世界50ヵ国で約65000人のIRATA技術者が活躍しています。 資格の取得には5日間のさまざまな技術トレーニングを行い、第三者よる技術認定試験が行われます。 また、資格は更新制度になっており、常に安定した技術を維持するIRATAの高い安全性は世界中の大手企業に高い評価をうけております。 IRATA技術認定者が在籍する当社も安全な作業システムを構築しておりますので、クライアント様に安心して作業をお任せいただいております。

高い技術だから出来る無足場工法

IRATA認定のロープアクセス技術は足場を設置出来ない箇所、又は足場を設置するまでもないご依頼などにとても効果的です。ロープアクセスで行うため、大きな足場を設置する必要がなく、足場の設置コストを削減することが可能になります。低予算の調査、修繕などには最適です。 足場を組むことで生じる、入居者のストレス、不法侵入なども防止出来ます。

豊富なキャリアを積んだ少数精鋭

当社の作業員は10年以上のキャリアを積んだスタッフが多く在籍しております。 高い技術を要する高所作業は臨機応変に対応できる能力が自ずと必要になります。 そのため、判断能力の長けたキャリア豊富なスタッフが揃っております。 また、在籍人数は意思疎通、情報共有、作業スピード、チームワークなどの面からスタッフは少数精鋭で作業を行います。
※作業効率を重視して増員も行う事がございます。

安心と安全の証

法令に準じた資格所持はもちろん、各規格に応じて常に最新の道具を揃えていおり、あらゆる状況を想定して、期間や人数にも余裕を持ち、万全の体制でのぞんでおります。 また、社内システムにも力を入れており、現場から社内ネットワークへアクセスし、レスポンス良く状況に対応いたします。